ふくらはぎの肉離れ

ふくらはぎの肉離れ


平成25年12月30日、両脚のふくらはぎが腫れて硬くなっているのに気付く。
1月1日には右ふくらはぎが正常になったが、左ふくらはぎはパンパンに腫れて硬い。ただの筋肉痛だと思い山登りや週一の遠出も普通に行った結果、とうとう歩けなくなってしまった。

連休明けの 14日 我慢出来ず A 病院に行く。CT の結果では肉離れという事で薬が出たが、小便に色が付いたので自分判断で服用を止めた。

念の為という事で 20日 に3T(テスラ―)MRI による検査を行った結果、右ふくらはぎに比べて左ふくらはぎは細い静脈が多数白く写っていた。動脈は良かったが、静脈は血流が良くなく炎症もまだ治まっていなかった。
医師によると入院も考えていたが、思ったよりずっと順調に回復しているので、今までの状態(絶対安静)で10日ほど様子を見て、回復していなかったら別病院の循環系の専門医に紹介状を書くからとの事だった。

簡単に考えていたが結構うるさい病気らしいので貰った薬をこれからは服用する事にした。
《2014(26)/ 1/20》


1月29日、月に一度の心臓バイパス手術後の診察と薬の処方箋をもらいに近くの B 医院に行く。子供が先生に話してあったらしく、横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)の場合も考えてという事で採血する。健康の為の運動も度を過ぎると命取りになると言われたので、健康の為というのは大嫌いでその為に何かをした事は無い、食べるものも野菜が健康に良いと聞いてから極力食べない様にしていると話すと、やはり修行ですか目的は何であれ石段登りばかり何時間もせず平地をせいぜい一時間にしなさいと言われた。ふくらはぎの肉離れで通ってる A 病院の医師にも運動をするなと言われたし、普通は歩くのを勧めるのと違うかと妻に言うと何をするにも極端だから普通にしてれば良いのよと言われた。
そうかといって平地を一時間ぐらい歩くのでは健康に良いだけで私にとっては時間の無駄遣いなのでやる気はゼロ、樹齢を重ねた大木の中で疲れ切って頭が空っぽになり足が空中で勝手に動き自分で止められなくなって、誰か知ってる人が出会って止めてくれないかなと思った時に初めて大木が出している何かが空っぽの頭の中に入ってくる様な気がしてならない。だからこそ行者たちが奥山で苦行を何年も続けるわけで屋内で座禅を組んだりしていても悟れるわけが無いと思う。
なおコレステロール値を下げる薬の量が半分になった。
《2014(26)/ 1/29》


1月30日、CT と MRI をとった A 病院へ行き診察を受ける。検討の結果、血管が切れた事による出血で癌などの悪い病気は考えられず、別病院の循環系の専門医に紹介状を書く話は無くなった、2週間分の薬を出すから無くなった時点で異常が無ければもう来なくて良いとの事。
血液サラサラの薬を飲んでいるが其れも原因と聞いたら、出血が大量になったのは関係するかも知れないが血管が切れた原因とは考え難い、心臓や脳を守るため服用は必要で血管が切れた原因は年齢により弱くなっているからではないかとの事。
《2014(26)/ 1/30》


後は近くの B 医院でとった横紋筋融解症の場合も考えての採血の結果を見ないと分からないが、まずは何でもない事だった、相変わらず幸運が続いていると思った。
ただ‘肉離れ’というと猛練習をしたアスリートみたいだが、‘血管が切れた’ではただの老化という感じなので、羊頭狗肉と言われそうだが無関係とも云えないと考え目次の項目はそのままという事にした。

出血の原因は、薬によるコレステロールの下がり過ぎか、11月3日に肝臓の検査結果が悪くなったので芋焼酎を止めたがその為に肝臓の数値は正常に戻ったが血管が弱くなり血圧も高くなったからと考えている。
心臓のバイパス手術の後5種類の薬をのんでいるが、入院中採血のたびに聞かれたので血液をサラサラにする薬の名がバイアスピリンと自然に覚えたが、後は興味が無く薬局でもらう薬の説明書は一度も読まなかった。副作用などは出なければ読んでいても意味が無いし、今回の様に動けなくなれば病院に行くから読む必要が無い、飲めと言われてすなおに飲んだ だけだった。
でも今回ネットを見ていると『なんでもそうですが、病気に関しても、知識は、力だと思います。』と書かれたサイトがあったので、調べてみて得た出血の原因が前記の通りだった。
ボビー・ジョーンズは勝ったゲームより敗れたゲームから多くの事を学んだと言っているが、私も病気になる度に得る事が多い様な気がする。

なお工事中の項目の初めに暇が無くて病院巡りや英会話教室巡りをしないと書いていたが、近頃は病院巡りはしていると言っていい状態だし、歩けなくなったので其の分暇が出来、勿体ないので英会話教室に行く事にした。初めての経験なのでどの様な事になるのかと思ったが、以前エジプトでメチャクチャな英語を使い横で妻がゲラゲラ笑っていたのを思い出し、男は度胸、女は愛嬌その時も何とかなったのだからと始めてみると矢張り何とかなったので良かった。
横紋筋融解症の血液検査の結果が大丈夫だったら、歩ける様になっても続けてみようと思っている。
《2014(26)/ 2/ 4》


近くの B 医院へ血液検査の結果を聞きに行く。気にしていた横紋筋融解症をはじめ肝臓、腎臓、糖尿等のほか前立腺まで 全ての数値が正常だった。先生に修行はもう十分でしょう、平地を40分を限度として歩くぐらいにしたらと言われたが、修行半ばの身にとって難しい問題だ。
《2014(26)/ 2/ 7》


去年の11月3日に断酒したが、外では飲む事にしている。ついつい外で飲む事が多くなり今週は5回外で飲んだが、外で飲むとどうしても家で飲むより量が多くなるので、禁酒前よりかえって摂取アルコールの量が増えたかも知れずこれも難しい問題だ。
《2014(26)/ 2/ 8》


50日振りに山登りを再開した。医師から絶対に無理をするなと再三注意を受けているので慣らし運転程度だったが何と言う事も無かったので、この件については一件落着とした。
《2014(26)/ 3/ 1》

次へ》《目次に戻る