4.入院

4.入院


C型慢性肝炎とインターフェロンの項で大体の経過を述べていますが、詳しくお知りになりたい方に入院中の覚書を記載します。より詳細な結果は次項の肝機能検査値表をご覧下さい。

93 1  7 (GPT 98)。最近右脇腹痛大。

       19  A医大B教授の診察。(GPT 65.HCV-RNA(+))。

    2 23  A医大B教授の診察。(GPT 214)。

    3 19 (GPT 35)。血圧134~80。風邪引き体温38度5分。

          GPTの値が久しぶりに良くなった。何もしなかったせいか。

      25  A医大B教授の診察。

      29  13H00M A医大入院。

      30  胸、腹レントゲン、ツベルクリン、抗生物質のTEST。

    4  1  体温35.9℃ 14H00M~14H30M 肝生検 17H30M エコー結果 O.K. 22H30Mに肝生検後初の小便が出るが、起きて尿瓶へする。4/3,4/4,4/6~4/11 外泊(ここで云う外泊とは病院で泊らず、自宅へ帰って泊る事です.以下同じ。)。

      13  9H50M スミフェロン 600万単位/日の連日投与(300万単位/cc×2cc/D )を始める。体温は36.0℃。

    19H15Mに体温が37.9℃になる。(GPT 40.HCV(C-100)5.6(+))

      14  20H30M 体温37.4℃。(HCV-RT-PCR(25)(-).HCV-RT-PCR(NCR)(+))。

      15  23H00M 体温37.4℃

      17  平熱になり外泊。 (投与は午前中に行はれる為、その後、家に帰り翌朝投与の時間までに病院に帰る。以下の外泊はこれに同じ。)

      18  外泊。

     20  外出、口乾き激しく食欲不振。(GPT 19)。

      24  外泊。

      25  外泊。

      26  肝臓食にして食欲戻ってくる。

      27  便所で脳貧血気味になる。(GPT 19.HCV-RNA(nested)(-))。

      29  外出。

    5  1 ~5/4 外泊。

       5  外出。

       8  投与を済ませてから、 甥の結婚式のためホテルCへ、ホテルC泊。

       9  早朝ホテルCを出て病院へ、投与を受ける。

      10  スミフェロン 600万単位/日投与、28回で終了。

      11  外出。(GPT 15.HCV-RNA(-))。

      12  今後スミフェロン 300万単位/週3回(月、水、金)投与になる。(300万単位/cc×3cc/W)。

      13  退院。以後通院。

   6 10 (GPT 11)。

   7  6 (GPT 7)。

   8  5 (GPT 9)。

      24 (GPT 9.HCV-RNA(nested)(-).HCV(GOR)(-).HCV(2nd)(+))。

  10 11 スミフェロンの投与終了。330万単位で122本(300×2×28回+300×66回)。

次へ》 《目次に戻る